青葉台の歯科(歯医者)トップへ >  詰め物が取れた

詰め物が取れた

詰め物(かぶせ物)が外れた状態を放っておくと、虫歯になりやすくなってしまいます

「キャラメルを食べたら、歯の詰め物が取れた!!」
歯の詰め物(かぶせ物)が取れると、慌てます。

そのままにしておくと食べ物のカスなどが入ってしまい、食事をするたびに大変な思いをします。
それ以前に、神経が露出していることが多いので、しみて放って置けないのでは?
そのままにしておくと歯の弱い部分が露出していますので、虫歯になりやすい状態で放置することになります。

詰め物(かぶせ物)の種類について

詰め物(かぶせ物)と言えば、普通は、銀の詰め物(かぶせ物)を想像されることと思いますが、
材質によっていろいろな種類があり、それぞれのメリットとデメリットがあります。

CR

保健適用の白いつめ物。
強い力には耐えられないので、前歯や小さい面積を詰めるときに用います。

メタルインレー

銀歯(銀色のかぶせもの)・・・保健適用の奥歯
硬質レジン前装冠・・・保健適用の前歯

ハイブリッドインレー

メタルボンド・・・金属に陶材(セラミック)を焼き付けて作られており、保健適用の「硬質レジン」より耐久性があり、強さと白さを長期間保ちます。
ジルコニア・・・金属を使用しないので、透明感や色調が美しい歯です。金属アレルギーやブラックライン心配がありません。

Copyright © 青葉歯科医院 All rights reserved.