青葉台の歯科(歯医者)トップへ >  虫歯が痛い

虫歯が痛い

院長自身が「歯医者嫌いの子供」でした

「こないだから、歯が痛い」
早く歯医者さんへ電話しようと思っても、あの「キーン」という音や痛みを想像してしまい、ついつい後回しにしてしまいます。
昔、歯医者さんで痛くて辛い思いをした方なら、致し方ありません。

残念ながら虫歯や歯周病は、放っておいて治る病気ではありません。なぜなら、どちらも細菌が原因の「感染症」だからです。
ですので、遅かれ早かれ治療が必要です。
治療を始めるのが早ければ早いほど痛みが少なくて済み、費用も時間も節約できます。

青葉台の青葉歯科医院では「限りなく痛くない歯科治療」を追求しています。
院長自身も、子供の頃の歯医者さんでの「苦い経験」があります。
どんな歯医者さんより、あなたの歯医者嫌いの気持ちが分かってくれます。ですので、安心していらして下さい。

院長のインタビュー

痛くない治療があります

「歯科恐怖症」という言葉もあるくらい、歯医者に関しては良くない思い出をお持ちの方が多いでは?
青葉台の青葉歯科医院では、その痛みを無くすために「表面麻酔」を行ってから麻酔の注射をします。
「表面麻酔」には、針が刺さるときの痛みを少なくする効果があります。
「治療の前の注射の痛みが嫌だ」
ご安心ください。表面麻酔をしますので、麻酔の注射の痛みが軽減されます。

「歯がしみる・・」知覚過敏の疑いがあります

「カキ氷を食べたときに、歯にしみるんだなあ」せっかくのカキ氷の美味しさが、半減してしまいます。
その原因は「知覚過敏」かもしれません。
虫歯になっていないのに、冷たい水や甘いものなどを口に含んだ時、歯ブラシでふれた時に感じる痛みをいいます。

知覚過敏の原因

しみる感覚や痛みの感覚は、歯のどこで感じるのでしょうか?
歯の表面である「エナメル質」が削れて、その下にある「象牙質」が少しでも露出しているとしみてしまいます。
知覚過敏の原因は通常、磨きすぎや歯周病ですが、歯ぎしりやくいしばりが原因の場合もあります。

知覚過敏って治せるの?

知覚過敏がおこっている原因別に、治療法をご紹介します。

間違ったブラッシングが原因の場合

歯ブラシを歯や歯ぐきに当てる強さって、どれくらいがいいかご存知ですか?
歯に当てる強さは、200g程度。台所で材料の重さをはかるスケーラーに歯ブラシを当てて、強さの感じをつかみましょう。
「え?こんなに弱くていいの?」と驚かれる方が多いと思います。
現実は、残念ながら「ゴシゴシ」と強すぎるブラッシングをしている方がとても多いのです。
強すぎるブラッシングで、歯がすり減ったり、歯ぐきが下がって歯の根っこが出て、知覚過敏になった場合には、正しい歯磨きの方法を覚えることが大切です。
正しい歯磨きで歯が削れたり歯ぐきが下がったりするのを防ぎ、歯の再石灰化を促進することによって知覚過敏を改善します。

歯周病が原因の場合

歯周病が原因で歯ぐきが下がってしまい、歯の根っこが出てきてしまうことで知覚過敏になってしまうこともあります。
正しい歯磨きの方法を覚えることも大切ですが、原因となっている歯周病を根本から治療する必要があります。

歯ぎしりやかみ合わせが原因の場合

歯ぎしりやかみ合わせに問題があることによって歯が削れたりひび割れ(マイクロクラック)が入ったりすることによって知覚過敏になってしまうこともあります。
歯ぎしりが原因と思われる場合には「マウスピース」を装着したり、かみ合わせが原因と思われる場合には歯を少し削ってかみ合わせを調整したりします。

Copyright © 青葉歯科医院 All rights reserved.