青葉台の歯科(歯医者)トップへ >  歯周病(歯垢から歯石へ)

歯周病(歯垢から歯石へ)

2014.08.02

お口の中の細菌は普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でないと細菌が歯の表面に付着します。
これが歯垢(プラーク)で、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。
この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、虫歯や歯周病を引き起こします。
歯周病は、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。
歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強力に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。
青葉台の歯科・歯医者|青葉歯科医院
東急田園都市線 青葉台駅 駅南口すぐ みずほ銀行の上4F 徒歩1分
〒227-0062
神奈川県横浜市青葉区青葉台1-6-13 ケントロンビル4F
TEL:045-984-0118

Copyright © 青葉歯科医院 All rights reserved.